Hawaii 歴史・文化スポット information | ラブフォトハワイ

お電話でのお問い合わせはこちらから

[日本国内受付番号] TEL

(受付時間:月~日 11:00~17:30)

ページイメージ

HOME > ハワイフォトにお役立ち > Hawaii Information 【Hawaii 歴史・文化スポット info】

【Hawaii 歴史・文化スポット info】

Hawaii 歴史・文化スポット info

今や一大リゾート地としてバカンスを楽しむ島というイメージが定着しているハワイですが、この土地にも独自の文化と歴史が刻まれてきました。この島の歩んできた道のりに触れると更に面白い発見に出会います。ハワイの観光産業としての顔だけではなく、ありのままのハワイを少しのぞいてみましょう。

ハワイの歴史

太平洋の真ん中に浮かぶ小さな島々からなるハワイ諸島。沖縄や台湾よりもさらに南に位置する亜熱帯の島です。主に8つの島々からなり、現在も火山活動が活発な地域として知られています。

古代ハワイ

ハワイの最初の定住者であるポリネシア人は、紀元前500年~700年頃この地にやってきました。文字を持たなかったため、その歴史は口頭伝承により残され、当時は魚やタロイモを食していたことが研究で明らかになっています。
12~13世紀頃、タヒチ島の王がハワイ島の支配をもくろみ権力闘争が勃発しました。そして身分階級制社会が築かれます。階級は4つに分類され、最高位がアリイとよばれる王族、次にカフナとよばれる神官、その下はマカアイナナとよばれる平民、カウバとよばれる奴隷と続きます。

アリイとカフナは貴族階級に属し、女性に対する禁制や差別も存在したと言われています。
神を先祖に持つと考えるアリイの中で、更にその最高権力者として君臨する者を“アリイ・ヌイ”と呼び、その地位を巡って度々争いが起こりました。

キャプテン・クックのハワイ島上陸

1778年、キャプテン・クックの愛称で知られるジェームズ・クックがハワイ島を発見。イギリスのサンドイッチ伯爵の名前をとって名称を“サンドイッチ諸島”としました。
上陸時、島ではちょうどマカヒキという新年のお祭りの最中。突如海からやってきた、見たこともない白人を目の当たりにした先住民族たちは、クック一行を神の化身と勘違いし手厚く歓迎しました。

しかしその後、船員の一人が亡くなったことや、再び海に出るも嵐に遭い、やむなく島に引き返したことが、先住民族に「クックたちは神ではない」という疑念を抱かせます。両者は次第に対立を深め、最終的にクックが族長カラニオプウを人質として拘束したことが原因で抗争が勃発。クックを含む数人の船員が殺害されてしまいました。

ハワイ王国時代

ハワイ島出身のカメハメハ大王が1795年、欧米文化の力を取り入れ、ハワイ諸島を統一しました。そしてハワイ王朝を築きます。カメハメハ大王が欧米との交流を活発化させたことで島は発展していきました。この時代をハワイ王国時代とよび、カメハメハ5世による統治で19世紀末まで続きます。
カメハメハ5世の死後、王の血が途絶えたハワイでは選挙による王位選出がなされ、ルナリロ王が誕生します。

しかしこの王は即位1年程度で肺結核により死去してしまいました。7代目王にカラカウア王が選出され、島の特産品である砂糖をアメリカに輸出し、アメリカとの関係を深めます。彼は海外との交易を盛んにする一方で、ハワイの伝統文化の復興に力を入れた人物です。ホノルル市内に現存する豪華なイオラニ宮殿を築いたことでも知られています。実はこのカラカウア王は日本にも立ち寄った歴史があり、日本の移民がハワイの地を踏んだのもこの時代です。

1891年、カラカウア王の妹リリウオカラニが女王として即位。彼女は兄以上に王政復古主義者であり王権強化を図ろうとした人物です。その後、アメリカとの対立によりクーデターが勃発し最終的に彼女は宮殿に幽閉され、ハワイ王国は彼女の時代で幕を閉じたのでした。

POINT!

イオラニ宮殿はアメリカ合衆国唯一の宮殿です。宮殿内ではハワイ王国の当時を知ることが出来ます。

共和国時代

1894年、ハワイ共和国が誕生。初代ドール大統領により、ワイキキの観光開発が急速に発展します。このころ、外来の流行病や移民の増加などによりハワイの伝統文化が衰退。ハワイ語もなくなってしまったのです。ネイティブハワイアンも激減し、ハワイはすっかりアメリカ文化が中心の島になりました。

アメリカ合衆国へ

1898年、アメリカは本国とユーラシア大陸を結ぶ中継地点としてハワイが重要であることに気づき、準州として領土化。1959年にはアメリカ50番目の州としてハワイ州が誕生しました。

おすすめ文化スポット

イオラニ宮殿

ホノルル市内にあるイオラニ宮殿は、ハワイ王国の繁栄と衰退の歴史をたどることの出来ます。宮殿内部の見学はガイドと巡るグランドツアーと自分で巡るオーディオツアーがありますが、定員制が設けられており予約が必要です。

ポリネシアン・カルチャーセンター

ハワイをはじめ、フィジーやタヒチ、サモアといった7つのポリネシア地域文化を伝えるテーマパーク施設。様々なショーやパフォーマンスでこの地域独特の文化を肌で感じるハワイの大人気スポットです。

POINT!

ポリネシアン・カルチャーセンターのナイトショーは見ずにして帰れないほど見応えのあるものとして人気があります。基本的に園内は写真撮影OKですが、ナイトショーは写真撮影禁止です。センター認定カメラマンによる写真を後ほど購入出来ます。

ホノルル美術館

1927創立のハワイ最大の美術館。世界中から集められた美術品の数々を見ることが出来ます。併設のカフェやギフトショップも人気で、ハワイの思い出にもおすすめです。

POINT!

雨の日でも楽しめる観光スポット。館内はフラッシュをたかなければ写真撮影も可能です。

ビショップミュージアム

ハワイの歴史や文化の保存、研究目的としたハワイ最大の博物館です。カメハメハ大王のひ孫にあたるビショップ王女の遺品や調度品をはじめ、ポリネシア文化を記録した伝統工芸品や資料、写真の数々が収められています。


pagetop

Royal Kaila Wedding ロイヤルカイラウェディング
2F Waikiki Beach Marriott Resort & Spa, 2552 Kalakaua Avenue, Honolulu, Oahu, HI 96815 USA/日本受付Tel : (受付時間 11:00~17:30)